農業のあらゆる情報が集結!アグロ・イノベーション2019

2019年12月04日(水)
11月20日から22日の3日間に渡り、東京ビッグサイトにて『アグロ・イノベーション2019』が開催されました。このイベントは、東京・福岡で開催されている日本の農業ビジネスに関する最先端技術や製品の専門展示会です。公式Webサイトの開催概要には「アグロ・イノベーションは農作物の生産、収穫、選果、加工、包装、販売における課題解決の場として様々な業界・業種をお迎えし、今まで以上に農業界の活性化に役立つ展示会を目指します」との記載もあり、農業に関する多種多様な物事を網羅するイベントであると言えます。
スグスクは北海道スマートアグリプラットフォームとして、他の事業者とともに出展しました。今回はイベントの様子をレポートします。


アグロ・イノベーション2019のブースの様子


アグリビジネス創出フェア(農林水産省主催)のブースの様子

来場登録者数は3日間の合計で11,000名を超えました。また、農業関連の他のイベントとして『野菜・果物ワールド2019』、『鳥獣対策・ジビエ利活用展』、『草刈り・除草ワールド』、『フローラル・イノベーションEXPO2019』、農林水産省主催の『アグリビジネス創出フェア』が同日同会場で開催されました。これらのイベントは相互入場が可能となっており、農業のあらゆる分野を横断して情報にアクセスすることができるイベントとなっています。
出展以外には聴講無料の各種セミナー他、ジビエ料理のライブステージなどもありました。実演形式でジビエの調理・試食の実施や活用方法の紹介を行うなど、「ただ聴く」というものだけではなくバラエティに富んだ内容となっていました。


セミナー会場の様子。ほとんどの座席が埋まっている。


ジビエ料理のライブステージ

スグスクは北海道スマートアグリプラットフォームのブースに他の事業者とともに出展し、LINEやオンラインミーティングを活用した遠隔での経営相談を体験して頂きました。同ブースではスマート農業の実現に向けて、圃場管理システム(ビニールハウスの温度、湿度管理を行うシステム)や生産資材の追加発注簡略化・農業機械の稼働管理を行うシステムなど、各種デバイス、システムの展示が行われました。


北海道スマートアグリプラットフォームのブース


スグスク体験コーナー

出展ブースで目に留まることが多かったのは、トラクターや除草機械などの“最新農業機械”です。また、進化した鮮度保持技術に注目すべき洗浄機や加工機なども展示されていました。写真を交えて紹介します。


KSAS(※1)と連動し、農業に関わるあらゆる情報の見える化を実現したトラクター
※1…(株)クボタが提供している農作業等の情報管理システム


写真は防除用ドローン。会場には多くのドローンが紹介されており、注目度の高さが感じられました。飛行性能(自動運転、飛行時間)の向上を目指しているものや、農薬散布と画像診断が同時にできるものなど、様々な用途に合ったドローンが展示されていました。


写真中央の水田除草機は、稲の根を傷つけず雑草根のみを掻き取る新しいタイプの除草機構を搭載しています。機体前方に作業機が配置されており、除草部を目視確認しながら作業が可能とのこと。


写真は野菜の殺菌・洗浄用機械設備。野菜の鮮度を持続させる技術として、オゾンを用いた野菜洗浄製法を取り入れている機械です。2018年の食品衛生法改正により、HACCPに沿った衛生管理が義務化となっていますが、HACCP対応の製造ライン構築支援も実施しているそうです。


写真は花束加工機。作業場に合わせてサイズや仕様をカスタマイズできるものです。花の下葉落としの機能、余分な茎カットの機能、結束機が実装されていて、「省力化・鮮度保持・安心・安全」が実現されています。


ーーーー

日本全国の各地で農業を行っていると、一挙に情報を得ることはなかなか難しいかと思います。新しい機械が気になる方や作業での改善したいことがある方はもちろん、“自分がやりたい農業”に関する情報を新たに発見したい方も、このような大規模なイベントに参加する意義はありそうです。
アグロ・イノベーションおよび関連イベントは2020年も開催が予定されています。気になる方はぜひ、参加を検討してみてはいかがでしょうか。


アグロ・イノベーションに関する情報はこちら


取材・写真:宮部 尚樹(株式会社オーレンス総合経営)
文:林 佳奈(株式会社オーレンス総合経営)